商標登録必要性

商標登録
商標登録
trademark registration

東京都港区  
プレシャス国際特許商標事務所
Precious ip Inc

Precious ip Inc Japan World Wide
個人情報保護 守秘義務厳守

弁理士  日本弁理士会会員

商標登録必要性

商標権の更新は、元国家公務員が代表弁理士のプレシャス国際特許商標事務所が低価格のご料金で堅実・迅速に行います。

商標権の更新の手数料は、低価格です。

koushin-1.png

代表弁理士が元国家公務員ですので、

国に対する手続である、

商標権の更新は、安心してお任せください。

低価格なご料金で、高品質なサービスを行っています。

商標権の更新の必要性、商標権の更新の費用、商標権の更新についてご依頼から更新の流れ、商標権の更新の申請期間、商標権の更新の際の留意点をご説明します。

 

1.商標権の更新の必要性

商標権の存続期間は、設定登録日から5年、又は、10年をもって終了します。

しかしながら、さらに、5年、又は、10年の商標権の更新の手続をすることで、商標権を存続させることができます。

すなわち、その商標を使用し続ける場合は、何回でも更新を行うことにより、半永久的に商標権を維持することができます。

仮に、商標権を更新しないで継続使用していると、他人が、後から同一・類似商標の登録を受けることができます。その場合に、他人から、権利侵害として、損害賠償の請求などをされてしまうことがあります。

よって、使用を継続している登録商標は、存続期間を更新する必要があります。


 U P