氏名、芸名の商標登録 | 商標登録/商標権更新|10年超の実績の東京港区のプレシャス国際特許商標事務所

商標登録はプレシャス
商標登録
trademark registration

東京都港区  
プレシャス国際特許商標事務所
弁理士 日本弁理士会会員

氏名、芸名の商標登録

条件とは

商標法では、人のフルネーム、ペンネームなどを商標として登録するための条件を課しています。

具体的には、商標法の第4条第1項第8号になります。
「他人の肖像又は他人の氏名若しくは名称若しくは著名な雅号、芸名若しくは筆名若しくはこれらの著名な略称を含む商標(その他人の承諾を得ているものを除く。)」

氏名を含む商標は、原則として、同じ氏名の他人からの承諾を得る必要があります。

では、実際には、氏名の商標登録はどのようなものがあるのでしょうか。

長嶋茂雄さん

有名なところでは、「長嶋茂雄」さんは商標登録されています。

有名であると識別力があると判断されて商標登録になる場合があります。

ただし、その判断は色々なケースがあり、難しいところです。

 

有名人、芸能人

有名人、芸能人が、自らの氏名、芸名、ペンネームなどを商標登録することは可能です。

第8号は人格権の保護の規定です。

人格権は人格名誉、自由、プライバシー、肖像など、権利者から分離不可能な個人の人格的利益を保護するための権利といわれています。

そのため、他人が有名人の氏名、芸名、ペンネームなどを商標登録することは、本人の人格権を保護する趣旨から原則としてできません。

ただし、本人の承諾を得た場合は、他人の氏名を商標登録できるのです。
そのため、芸能プロダクションは、所属するタレント、アイドルの芸名などを、本人の承諾を得て商標登録出願することが行われています。

 

氏名

さて、前述した8号の条文について、雅号、芸名、筆名、略称には、「著名な」に要件がかかります。

ただし、他人の「氏名」には「著名な」の要件がかかっていないのです。

原則として、氏名は、同姓同名の他人が存在すると、その他人の同姓同名の方の承諾を得る必要があります。

自分の氏名をその他の他人に承諾もなく、商標登録されて、独占的に使用されることは人格権の保護に反することになります。

ただし、前述したように実際の判断は難しいところがあります。

特許庁の運用では全国のハローページで同姓同名を調査しているといわれています。

これ以上、具体的に書くと、専門的で難しくなるので、このあたりで、筆をおきます。