10月, 2021 | 商標登録/商標権更新|10年超の実績の東京港区のプレシャス国際特許商標事務所

商標登録はプレシャス
商標登録
trademark registration

東京都港区  
プレシャス国際特許商標事務所
弁理士 日本弁理士会会員

東京の港区の白金は、しろかねと読みます。

天現寺付近から明治通りにかけての広尾のふる川について、歌川広重の絵があります。

この絵は、1856年に描かれたとされています。

古くは、しろかね、銀、白銀と呼ばれていました。

鎌倉時から室町時代に、武蔵野に豪族の白金長者がいました。

その白金長者が移住したことから、白金になっといわれています。

白金については、以下、ウキペディアの記載です。

一般に「しろかね」と「しろがね」が混用されて読まれる白金だが、町名の白金は正しくは「しろかね」と発音し、「しろがね」ではない。一般にはどちらの読み方もされてきたが、

  1. もともと町名の起源となった白金長者(応永年間に白金地区を開墾した柳下上総介)は、白金(しろがね=プラチナ)ではなく、大量の銀(しろかね)を保有していたために白金長者と呼ばれるようになったこと
  2. それを裏付けるように、『小田原衆所領役帳』では「白銀」と記されていること

などの歴史的事情を考慮して、1969年(昭和44年)1月1日に白金地区に住居表示が実施された際、港区が「しろかね」を正式町名として採用したという経緯がある。

白金の隣の高輪で、商標登録、意匠登録などを行っている、プレシャス国際特許商標事務所

ルーマニアのアカシア蜂蜜は有名。