商標登録ニュース | 商標登録/商標権更新|10年超の実績の東京港区のプレシャス国際特許商標事務所 - パート 41

商標登録はプレシャス
商標登録
trademark registration

東京都港区  
プレシャス国際特許商標事務所
弁理士 日本弁理士会会員

指定商品が第30類の「あじの押寿し弁当」について【商標登録第795968号】以下が商標登録されています。
  • image

 

 

 

 

 

 

 

 

また、日本初の駅弁サンドイッチも販売されておられます。

上記のパッケージには、日本初の駅弁「サンドウィッチ」誕生秘話が以下のように記載されています。

大船軒創業者の富岡周蔵が明治政府の要人・黒田清隆から薦められ、自ら考案した「サンドウィッチ」は好評を博し大船の名物となりました。明治三十二年のことでした。

うま塩について、指定商品が第29類で以下が商標登録されています。

image
image

桜流鏑馬が25類と41類に商標登録されました。

2016年、中国江蘇省の住民が「弘前」の文字の商標登録を申請し、中国の商標局に対して青森県弘前市などが異議を申し立ていましたが、同局が異議を認めない裁定をしたと報道されています。

中国での「AOMORI」について、中国商標局に異議申し立てがなされたと報道されています。

 

歌は国境を越えます。
しかしながら、日本の商標登録は、日本でのみ効力が及びます。
外国では効力は及びません。
残念ながら、商標登録は、国境を超えないのです。

スイスワイは、日本には、ほとんど入ってきません。

スイス国内で消費してしまい、輸出の量が少なくなっていることが、大きな要因です。

また、日本に、スイスのワインを輸入することで、割高になってしまっています。

そのため、日本では、スイスワインの供給と需要のバランスが悪く、悪循環となり、その結果、スイスワインが入ってきていません。

今年、5月に、スイスで、スイスワインを飲みましたが、本当においしかったです。

もっと、スイスワインをおみやげで、買えばよかったと後悔しています。

 

時間限定、個数限定のメロンのシュークリームを買いました。

 

2017年夏のバーゲンが始まりました。

高島屋、大丸、そごうは、6月30日から、バーゲンを開始しました。

男性の売り場で男性は少ないですが、女性の売り場で女性は多くなっています。

バーゲンで、男と女の違いが出ています。

女性は、バーゲン好きです。

女性のほうが、男性より、バーゲンに使えるお金があるのでしょうか。

 

国際商標登録、いわゆるマドプロの本部がある、スイスに行きました。

スイスは、お水がきれいで、豊富です。

日本では、お店に入ると、水が無料ででてきますが、海外に行き、お店に入ると無料で水がでてくるお店は少ないと思います。

しかしながら、スイスでは、たいがいのお店は、無料でお水がでてきます。

その点、日本と同じです。

スイスの川の水は、日本の川の水より、きれいです。

そのため、川を見ても、飽きません。

水がきれいですから、ミルクがおいしいのです。

そして、スイスといえば、チョコレートです。

チョコレートはおいしいです。

おそらく、ミルクがおいしいので、チョコレートがおいしいと思います。

さらに、ワイン、ビールがおいしいと思います。

これも、水がおいしいので、ワインとビールがおいしいと思います。

スイスといえば、我々日本人は、アルプスの少女ハイジをイメージすると思います。

しかしながら、残念ですが、チューリッヒでは、若い女性の方々の歩きたばこが多く見られます。

チューリッヒは、スイス、第1の都市です。

そこで、そのような光景が見られることは、残念であると思います。