インフォメーション | 商標登録/商標権更新|10年超の実績の東京港区のプレシャス国際特許商標事務所 - パート 43

商標登録はプレシャス
商標登録
trademark registration

東京都港区  
プレシャス国際特許商標事務所
弁理士 日本弁理士会会員

商標登録の一つの機能は自分と他人を区別することです。

関ヶ原合戦では、大名は目立つ衣装、兜、甲冑、旗、馬印で戦いました。

関ヶ原合戦は、くやしさ、男の涙、人間の悪い部分が多く出た、関ヶ原の地でありました。

また、目立とうとすることも盛んでした。

商標登録も派閥

豊臣恩顧大名の派閥 

信長は、豊臣恩顧の大名の派閥、人間関係を分析した。

豊臣恩顧の大名の派閥は、文治派と武功派に大きく二つに分かれている。

豊臣政権は、太閤検地などのより、中央集権化を促進した。

そのため、今でいう国の行政の実務が行える役人が重用された。

その筆頭が石田三成であった。

国の役人である三成らは、石高は少ないが、近畿に所領を持っていた。

それに対して、加藤清正、福島正則、黒田長政らは、石高は多いが、近畿以外の遠隔地に配置された。

そのため、国の政権運営に関わることが難しかった。

大名の配置換えを行った後、朝鮮への出兵を命じられ、大名の負担が増加した。

このような命令は、秀吉が出していることはわかっていたが、秀吉に矛先を向けるのではなく、実務責任者の三成に恨みを向けた。

朝鮮の役では、小西行長と加藤清正が先鋒争いで対立したり、文治派と武功派の確執がさらに拡大した。

豊臣恩顧の大名は、三成、行長らの文治派と清正、正則らの武功派に分かれて、分裂した。

豊臣政権の運営は、三成らの文治派が握っていた。

また、武功派の中でも、秀吉夫妻と縁続きの加藤清正、福島正則、浅野幸長の力が強かった。

加藤清正、福島正則、浅野幸長は、三成の対抗馬としての家康に味方したが、豊臣秀頼に重きをおいていた。

関ヶ原合戦後、加藤清正、福島正則、浅野幸長は、徳川家と豊臣家の和平のために尽力し、一六一一年(慶長十六年)三月、豊臣秀頼と家康の二条城会見を実現した。加藤清正、福島正則、浅野幸長は、豊臣方と徳川方に手切れがないようにしたいと思っていた。そのため、その仲介役をかって出た。

仲のよい者は、言葉を発しなくてもわかった。今の表現で言う、アイコンタクト。例えば、ラグビーでは、アイコンタクト、目で話すことによって、ボールをつないでいく。そのように三人は、仲がよかった。

福島正則の母は秀吉の母の妹といわれている。

加藤清正の母は秀吉と従弟といわれている。

浅野幸長の母は豊臣秀吉の正室の北政所の妹。浅野幸長は秀頼とは従弟になる。

三十九歳の加藤清正は、一五六二年、尾張の中村で生まれた。

賤ヶ岳の戦いの七本槍として有名になった。

上杉征伐のため、上方に来る途中、三成の挙兵を知り、九州に戻った。

清正は、家康の命により、関ヶ原合戦のとき、肥後にいた。

黒田如水とともに清正は九州を席巻した。

清正は大男であった。虎退治で有名で、長い兜を愛用した。長い兜にしたのは、戦いのときに目立つようにするためであった。

戦国大名は、戦いで武功をあげて、領土を得ようとする意識が強かった。そのため、兜などを目立たせ、自分の武功がわかるようにしていた。

朝鮮において虎狩りをした。豊臣秀吉の命令で、虎狩りをしたといわれている。

秀吉は虎の肉が長寿の効用があると聞き命じた。

加藤清正は、福島正則、加藤嘉明、藤堂高虎とも良好な関係であった。

ちなみに、福島正則と藤堂高虎は仲が悪く、加藤嘉明と藤堂高虎も仲が悪かったといわれている。

関ヶ原合戦後、肥後の熊本十九万五千石から、肥後五十二万石に加増された。

一六一一年(慶長十六年)三月、豊臣秀頼と家康の会見のとき、秀頼のお供をした。

その直後の六月、熊本城で亡くなった。加藤清正は神となった。

黒田長政は、朝鮮の役で、三成の讒言により秀吉から不興をかい、三成に恨みを抱いた。秀吉の死後、家康に近づいた。そして、豊臣恩顧の大名と家康との橋渡しの役割を担った。

また、細川忠興も、秀吉の死後、家康に近づいた。

藤堂高虎は、以前から家康に近づいていた。

黒田長政、細川忠興、藤堂高虎らは、豊臣政権では将来が暗いと考えていた。そのため、関ヶ原合戦で、家康の味方を増やすため、大名の凋落に力を尽くした。

武功派の中でも、家康の天下がよいと考える、黒田長政、細川忠興、藤堂高虎らと、豊臣秀頼の天下がよいと考える、加藤清正、福島正則、浅野幸長らの勢力があった。

また、家康の天下がよいと考えた、黒田長政、細川忠興、藤堂高虎らの中でも、三成憎しの黒田長政、細川忠興と、そうでない者と温度差があると感じていた。

真田一族!商標登録

真田幸村

真田幸村は、一五六七年、真田昌幸の次男として生まれた。

関ヶ原の戦いでは、父とともに西軍に味方して、信州の上田城で徳川秀忠勢の動きを封じた。

自分たちの戦いには勝ったが、関ヶ原の戦いで西軍が惨敗した。

東軍に味方した兄の真田信之が助命を嘆願して、本多忠勝も加勢してくれた。

その結果、父とともに高野山に蟄居と決まった。

一六〇〇年(慶長五年)、十二月十三日、真田親子らは信州の上田を去った。

十二月末、高野山領地内の九度山に、家臣十六名とともに移り住んだ。

高野山は、女人禁制なので、女人も住める高野山の麓の九度山になった。

翌年、真田幸村の嫡男の大助が誕生した。

九度山は高野山の麓のすり鉢状の地形で、真田庵は、丹生川の側にあった。

真田庵の近くに、真田抜け穴伝説の言い伝えのある、六世紀ごろの古墳跡の真田古墳がある。

真田古墳の穴が大坂城まで続いており、その抜け穴を使って、戦場に入ったとの伝説が残る。

北には、北斗七星が輝いていた。

ちなみに、天文兵法も活用したといわれている。

真田親子は、九度山で夜空を眺めながら、信州のことを思い出していた。

幸村、父などの家族、家臣十六名、忍びなど百人程度。

その者を養うため、商売を始めよう。

また、全国の情報を得ようと考えた。

丈夫な紐をつくることを考え、真田紐をつくり始めた。

真田紐は売れた。

売れると販売網が広がる。

販売網が広がれば、各地の情報が入るようになる。

真田紐を忍びたちが売りに行くことで、京、大坂、全国の情報がわかった。

忍びの者からの情報を分析した。

真田幸村は、焼酎が好きでたびたび焼酎を送ってくれるように手紙を出していた。

信州の名産である、こねつけ餅を好んだ。

家臣につくらせ、食べた。

一六一一年(慶長十六年)六月四日、父の真田昌幸は、十一年間、九度山の真田庵で過ごし、病気で亡くなった。

真田庵で葬儀が行われた。

六十四歳であった。

その後、家臣とともに一年間喪に服した。

真田幸村、三十五歳から四十八歳までの十四年間、九度山において充電した。

一生懸命していれば、天が見ている。

だれかが見て、評価してくれる。

真田幸村は、九度山の配流の身で、逆境にあっても腐らず、世間をすねていなかった。

その幸村に、一六一四年(慶長十九年)、豊臣家から使者が来た。

関ヶ原の戦いから、十四年。

「かくれ住んで花に真田が謡かな

炬燵して語れ真田が冬の陣」

蕪村

 

真田昌幸

真田家の祖先は、信州小県郡海野庄の豪族の慈野氏の流れをくむ一族といわれている。

真田幸村の父の真田昌幸は、一五四七年(天文十六年)、真田幸隆の三男として、信濃で生まれた。

本能寺の変後、独立の大名となった。

大大名の上杉、徳川、北条に接していたが、真田家の領土を守った。

真田昌幸は、合戦は勝つものと考えていた。

負ける戦いはしない。

そのため、あるときは徳川と組み、あるときは上杉と組んだ

ちなみに、戦国時代には、「討ち死にしろ」

と将たる者は簡単に言わなかった。

多くの者は、戦いに勝つことのみを願い、例えば、一時降伏したりしても、人を騙しても、生き残ることを選んだ。

真田昌幸は、上田城を築城し、その上田城を拠点にして、小さいながらも戦国大名として生き残った。

上杉征伐では、真田昌幸、嫡男の信之、次男の幸村とともに、徳川秀忠勢として従軍していた。

しかし、下野の犬伏において、三成から西軍加担の要請を受けた。

宇都宮にいた嫡男の信之を呼んで、次男の幸村とともに三人で密談した。

その密談が長いので、家臣が様子をみるため、近づくと、下駄を投げつけたという逸話が残る。

真田昌幸の後妻は、宇多頼忠の娘で、石田三成の妻とは、姉妹。

真田昌幸の娘は、宇多頼忠の子の頼次の妻であった。

河内一万三千石の宇多頼忠は、西軍の三成に味方した。

次男の幸村の妻は、西軍の大谷吉継の娘であった。

密談の結果、真田昌幸は、幸村とともに西軍に味方し、嫡男の信之は、東軍に味方することに決した。

真田昌幸は、幸村とともに、上田城に戻り、籠城の準備をした。

三万八千の徳川秀忠勢に対して、真田勢は二千余り。

九月二日、小諸城に入った徳川秀忠は、真田信之に命じて、真田昌幸に降伏するように伝えた。

真田昌幸は、時間稼ぎのため、応じるようにみせかけたが、後日、降伏勧告を拒否した。

九月六日、真田勢は、城を出た。

それを見た、徳川勢が攻めてきた。

真田勢は、城内に退却した。追ってきた、徳川勢を伏兵が攻撃した。

そして、真田幸村が大手門から攻めるとともに、城の外の砦から出て、攻撃した。

徳川勢は、逃げた。

真田勢は、神川の堰を切って、増水して激流となり、溺死したりした。

徳川勢は、敗北した。

真田勢のため、徳川秀忠勢は、関ヶ原の戦いに間に合わなかった。

家康は、衣装は地味で、目立ち屋の人は嫌い、どちらかというと地味であった。

真田幸村は、父とともに目立ちやがり屋で、新しもの好きな秀吉は感覚的に好きであった。

父の真田昌幸は、居城の上田城において徳川を二度破った男。

三方ヶ原の戦いで、武田勢の歩卒隊長として、家康を破った。

真田昌幸は、真田幸隆の三男であった。

武田信玄は、武田一族の中で、武藤家が断絶になっていたため、真田昌幸に武藤家を継がせた。

真田昌幸は、武藤喜兵衛と氏名をかえた。

武田信玄を師として、その軍略を学んだ。

武田信玄の亡き後、武田家は勝頼が継いだ。

長篠の戦いで武田勝頼は織田信長に破れた。

その長篠の戦いで、真田昌幸の二人の兄の真田信綱、昌輝が討死した。

その後、真田昌幸は、真田家を継いだ。

多くの武田家一門、家臣は武田勝頼から離れていったが、真田昌幸は離れなかった。

その後も、武田勝頼を支えた。

このような律儀な面もあった。

その律儀な面が出たのかわからないが、一貫して家康を敵とした。

大坂城に入城するか否か。

父なら、即決しただろう。

死ぬ間際まで徳川との一戦を心待ちにしていた。

真田幸村は、心の奥底からまだ生き足りないと思っていた。

真田の旗をあげたい。

そう考えることにより、やっと生きていると実感ができると確信していた。

一人、夜空を眺めて、父、上田城を思い出した。

父の真田昌幸は、次男の幸村を愛した。

戦場では、実際に戦術を教えた。

九度山での蟄居生活の中でも教え続けた。

心密かな希望を抱いて、大坂城に入城しようとした。

真田幸村は三千の兵を率いた。

これは、十万石の大名に相当した。

名古屋の商標登録ならプレシャス国際特許商標事務所にお任せください。

低価格で高品質の商標登録を提供します。

特に、名古屋、愛知、岐阜、静岡の方々、よろしくお願いします。

商標登録を身近にするためがんばります。

お気軽にご相談ください。

 

信頼度NO1

気さくな元国家公務員、商標弁理士の商標登録

例えば、【オージ・ビーフ】様の以下の商標登録も行いました。

『オージーくん』

【商標登録第5890334号】

【商標登録第5884220号】

出願手数料が低価格で、成功報酬なし

有料の商標調査出願のご依頼で無料

商標登録証の送付費用が無料

中小企業や個人の方は、商標登録て、大手の大企業だけが行っていると思っていませんか?

個人商店の方も、多数、商標登録されているのです。

商標登録の出願人・申請人は、個人や中小企業の方が多いのです。

当所の商標登録のご料金は、高くありません。

当所では、個人の方が、商標登録できる低価格なご料金にしています。

 

お客様の、貴重な、プレシャスな、ブランドのネーミングを、プレシャス国際特許商標事務所で、商標登録しませんか?

当所にご依頼をいただければ、当所で手続きを行いますので、お客様は、手間と時間がかかりません。

当所は、若い方や高齢の方などの幅広い年齢のお客様、個人、個人商店、中小企業、社団法人、財団法人、特定非営利活動法人、NPO法人、東証1部上場企業様など、多数の方々からご依頼をいただいています。

また、多数の外国のお客様の商標登録も行っています。

商標登録!【実績と信頼の商標登録はプレシャス国際特許商標事務所】

特に、名古屋、愛知、岐阜、静岡の方々、よろしくお願いします。

商標登録を身近にするため、九州大分支社を新設しました。

特に、九州、大分、福岡の方々、よろしくお願いします。

商標登録を身近にするためがんばります。

お気軽にご相談ください。

信頼度NO1

気さくな元国家公務員、商標弁理士の商標登録

例えば、【オージ・ビーフ】様の以下の商標登録も行いました。

『オージーくん』

【商標登録第5890334号】

【商標登録第5884220号】

出願手数料が低価格で、成功報酬なし

有料の商標調査出願のご依頼で無料

商標登録証の送付費用が無料

中小企業や個人の方は、商標登録て、大手の大企業だけが行っていると思っていませんか?

個人商店の方も、多数、商標登録されているのです。

商標登録の出願人・申請人は、個人や中小企業の方が多いのです。

当所の商標登録のご料金は、高くありません。

当所では、個人の方が、商標登録できる低価格なご料金にしています。

 

お客様の、貴重な、プレシャスな、ブランドのネーミングを、プレシャス国際特許商標事務所で、商標登録しませんか?

今回、九州大分支店を新設しましたので、お気軽ご相談ください。

当所にご依頼をいただければ、当所で手続きを行いますので、お客様は、手間と時間がかかりません。

当所は、若い方や高齢の方などの幅広い年齢のお客様、個人、個人商店、中小企業、社団法人、特定非営利活動法人、NPO法人、東証1部上場企業様など、多数の方々からご依頼をいただいています。

また、多数の外国のお客様の商標登録も行っています。

商標登録!【実績と信頼の商標登録はプレシャス国際特許商標事務所】

特に、九州、大分、福岡の方々、よろしくお願いします。

名古屋の文字を含む商標登録もあります。

例えば、名古屋という地名を含む、商標登録として、

名古屋の文字を含んだロゴが第30類の冷凍あんかけスパゲッティ・即席スパゲッティを含むソース付の調理済みスパゲッティに商標登録されています。

名古屋\コーチンの文字を含んだロゴが第30類のコーヒー及びココア,コーヒー豆,茶,調味料,香辛料,食品香料(精油のものを除く。),米,脱穀済みのえん麦,脱穀済みの大麦,食用粉類,食用グルテン,穀物の加工品,菓子及びパン,即席菓子のもと,アイスクリームのもと,シャーベットのもと,アーモンドペースト,氷,酒かすに商標登録されています。

商標登録!

東京、名古屋、九州大分!商標登録出願申請、商標権の更新はプレシャス国際特許商標事務所。元国家公務員、商標弁理士による高品質で低価格な商標登録出願申請、商標権の更新登録申請、住所変更、譲渡等の手続きを日本国内のみならず外国、海外も

低価格で高品質の商標登録を提供するため、名古屋支社を新設しました。

特に、名古屋、愛知、岐阜、静岡の方々、よろしくお願いします。

商標登録を身近にするためがんばります。

お気軽にご相談ください。

 

信頼度NO1

気さくな元国家公務員、商標弁理士の商標登録

例えば、【オージ・ビーフ】様の以下の商標登録も行いました。

『オージーくん』

【商標登録第5890334号】

【商標登録第5884220号】

出願手数料が低価格で、成功報酬なし

有料の商標調査出願のご依頼で無料

商標登録証の送付費用が無料

中小企業や個人の方は、商標登録て、大手の大企業だけが行っていると思っていませんか?

個人商店の方も、多数、商標登録されているのです。

商標登録の出願人・申請人は、個人や中小企業の方が多いのです。

当所の商標登録のご料金は、高くありません。

当所では、個人の方が、商標登録できる低価格なご料金にしています。

 

お客様の、貴重な、プレシャスな、ブランドのネーミングを、プレシャス国際特許商標事務所で、商標登録しませんか?

今回、名古屋支社を新設しましたので、お気軽ご相談ください。

当所にご依頼をいただければ、当所で手続きを行いますので、お客様は、手間と時間がかかりません。

当所は、若い方や高齢の方などの幅広い年齢のお客様、個人、個人商店、中小企業、社団法人、財団法人、特定非営利活動法人、NPO法人、東証1部上場企業様など、多数の方々からご依頼をいただいています。

また、多数の外国のお客様の商標登録も行っています。

商標登録!【実績と信頼の商標登録はプレシャス国際特許商標事務所】

特に、名古屋、愛知、岐阜、静岡の方々、よろしくお願いします。

商標登録を身近にするため、九州大分中津支社を新設しました。

特に、九州、福岡、大分、中津の方、よろしくお願いします。

商標登録を身近にするためがんばります。

お気軽にご相談ください。

信頼度NO1

気さくな元国家公務員、商標弁理士の商標登録

例えば、【オージ・ビーフ】様の以下の商標登録も行いました。

『オージーくん』

【商標登録第5890334号】

【商標登録第5884220号】

出願手数料が14,800円

有料の商標調査出願のご依頼で調査無料

商標登録証の送付費用が無料

中小企業や個人の方は、商標登録て、大手の大企業だけが行っていると思っていませんか?

個人商店の方も、多数、商標登録されているのです。

商標登録の出願人・申請人は、個人や中小企業の方が多いのです。

当所の商標登録のご料金は、高くありません。

当所では、個人の方が、商標登録できる低価格なご料金にしています。

 

お客様の、貴重な、プレシャスな、ブランドのネーミングを、プレシャス国際特許商標事務所で、商標登録しませんか?

今回、九州大分中津ブランチを新設しましたので、お気軽ご相談ください。

当所にご依頼をいただければ、当所で手続きを行いますので、お客様は、手間と時間がかかりません。

当所は、若い方や高齢の方などの幅広い年齢のお客様、個人、個人商店、中小企業、社団法人、特定非営利活動法人、NPO法人、東証1部上場企業様など、多数の方々からご依頼をいただいています。

また、多数の外国のお客様の商標登録も行っています。

商標登録!【実績と信頼の商標登録はプレシャス国際特許商標事務所】

恵方巻を食べるのが、流行っています。

1月8日でも、恵方巻の宣伝が目立ちます。

恵方巻については、過去に、商標登録されていました。

百味千菜\恵方巻が、第30類の巻きすし、いなりに商標登録されていました。

サザエ\恵方巻が、第30類の巻きすし、いなりに商標登録されていました。