自分自身での商標登録出願申請のメリットとデメリット | 商標登録/商標権更新|10年超の実績の東京港区のプレシャス国際特許商標事務所

商標登録はプレシャス
商標登録
trademark registration

東京都港区  
プレシャス国際特許商標事務所
弁理士 日本弁理士会会員

自分自身での商標登録出願申請のメリットとデメリット

商標登録のご情報として、自分自身で商標登録出願申請の場合のメリットとデメリットについて説明します。

自分自身で商標登録出願することは可能です。

自分自身の出願は、費用が安く済むというメリットはあります。

ただし、ご本人が出願しても費用はかかります。

無料ではないのです。

自分自身で出願しても商標登録の費用は、特許庁に支払う費用(印紙代)があります。

そのため、事務所に依頼せず、自分自身で行う場合でも特許庁に支払う費用、印紙代は必要になります。

特許庁に支払う費用には、出願時に支払う費用である印紙代と、登録時に支払う費用である印紙代の2つがあります。

費用は、区分数に応じて変わります。

簡単に、大まかにいうと、区分が1つ多くなるごとに、特許庁に支払う費用、印紙代がどんどんかかることになります。

また、それ以外にも、電子化手数料が最低1,900円、郵送料などもかかります。

現地に行く場合は、東京千代田区までの電車代がかかります。

すなわち、商標登録の費用としては、自分でやっても、相当の費用がかかります。

ただし、事務所に依頼すると特許庁に支払う費用に加え事務所に支払う費用が必要になります。

弁理士に支払う費用は、依頼する事務所によって違います。

金額にはかなりの幅があります。

高いところでは、全体の費用は1区分で20万円程度になっています。

費用項目も事務所によって異なり、事務所手数料、調査手数料、出願手数料、登録手数料、成功報酬、早期対応手数料、登録証の郵送手数料など様々です。

事務所に支払う費用は、各事務所の料金表を見て、その事務所の費用項目の合計を算出することにより、全体の費用がわかります。

しかしながら、インターネットで、事務所に支払う全体の費用の合計がいくらかかるのかは、非常にわかりくくなっています。

ホームページに全体の費用を明示している事務所は多くありません。

そのため、時間、労力がかかることが予想されます。

商標登録出願申請費用の相場

事務所の商標登録出願申請費用については、日本弁理士会が弁理士に対するアンケート結果を公表しています。

最も多いところで、出願手数料は、5万~8万円が73.5%となっています。

また、謝金は4万~6万円が71%となっています。

すなわち、事務所の費用は、合計で9万円程度から14万円程度が多くなっています。

しかしながら、商標登録出願の手続は、複雑で、専門的です。

そのため、ご本人で出願されて、6ヵ月程度の後に拒絶理由を受け、対応できない場合が多くみられます。

実際、当所に、自分自身で出願されて、対応ができないため、ご依頼をいただいたことは、多くございます。

その場合、今までの手間、1年の期間、印紙代の費用が無駄になります。

ご本人で商標登録出願するため、まず、人に聞き、調べて、願書を作成するための、相当な手間と時間を使います。

それに対して、当所にご依頼をいただいた場合は、お客様の手間は、ご入金ぐらいです。

お時間は無駄になりません。

お客様がご準備する書類も特にはございません。

また、ご本人で出願する場合は、紙の願書で出願することになると思います。

紙の願書の場合は、電子化手数料がかかります。

http://faq.inpit.go.jp/EokpControl?&tid=388855&event=FE0006

また、紙の願書を電子化するため、電子出願よりも、1ヵ月程度、審査が遅くなります。

当所の場合は、電子出願で、商標登録出願しますので、紙の願書と比べて、手数料がかからず、紙を電子化するための1ヵ月の期間がございません。

ご本人が出願された、指定商品や指定役務(サービス)の記載がよくないため、拒絶理由を受けることが多くありますが、当所では、そのような拒絶理由はございません。

当所の場合は、ホームページに記載のように低価格なご料金です。

その他の特許事務所は、即日出願は、別途追加のご料金を請求する場合があります。

これに対して、当所は、ご依頼いただいた、その日に出願する場合(即日出願)、追加料金なく、対応させていただきます。

以上のように、お客様の手間と時間を考えれば、低価格のご料金で高品質なサービスの私たちにお任せいただいた方がお得であると考えています。

#商標登録 #出願 #申請 #商標登録出願申請 #商標