商標登録ROOM 商標登録豆知識 知りたいですのコーナー うどん県とおんせん県はどっちが商標登録

元国家公務員、商標弁理士による高品質で低価格な商標登録出願申請、商標権更新登録申請、住所変更、譲渡等の手続きを日本国内のみならず中国・台湾・香港・ヨーロッパ等の外国とともにマドプロ・国際商標登録をも行っています。商標登録は安心してお任せください。

実績と信頼の商標登録はプレシャス
商標登録
trademark registration

東京都港区 03-5877-6647  
プレシャス国際特許商標事務所
弁理士 日本弁理士会会員

うどん県とおんせん県はどっちが商標登録

「うどん県」は、香川県の登録商標(商標登録第5516559号)です。「うどん県」の商標出願は、特許庁から拒絶理由通知を受けることなく、商標登録になりました。
これに対して、大分県が出願した「おんせん県」(商願2012-085758)は、特許庁から拒絶理由通知を受け、意見書も提出しないで、拒絶されました。この拒絶理由は、商標法第3条の他人の商品・サービスと区別できない商標であるため、登録を受けることができないというものです。

すなわち、「うどん県」は他人の商品・サービスと区別できるが、「おんせん県」は大分県以外の県でも使用されており、他人の商品・サービスと区別できないと判断されたようです。
答えは、うどん県は登録!おんせん県は不可!

※わかりやすく説明することを重視していますので、厳密に言えば正確でない記載となっている場合があります。