コロナでわかった日本の今後

商標登録
商標登録
trademark registration

東京都港区  
プレシャス国際特許商標事務所
Precious ip Inc

Precious ip Inc Japan World Wide
個人情報保護 守秘義務厳守

弁理士  日本弁理士会会員

コロナでわかった日本の今後

コロナウイルスは世界中に猛威をふるっています。

日本も被害は多いですが、数でみるとアメリカやヨーロッパと比べてかなり少なくなっています。

そのことは逆にいうと人の交流が日本は少ないということになります。

人の交流がその他の国や地域より少ないため、数が少なくなっているといえます。

現在、日本、アメリカ、ヨーロッパで、経済の状態が最も悪いのが日本です。

しかしながら、アメリカやヨーロッパがコロナウイルスの被害が日本より大きいため、円が高くなっています。

日本の株価が下がっても、アメリカやヨーロッパのコロナウイルスの状態がよくないため、円が買われています。

今はそうですが、コロナウイルス後をみれば、経済の状態が最も悪く、オリンピックが延期になった日本の落ち込みが大きくなると思います。

コロナウイルス後は日本は窮地にたつと思います。

さらに、長期的には公共事業が激減して、都市開発がこげついたりして、今の財政赤字の負の遺産をせおうことになると思います。

コロナウイルスで、日本は人の交流が少ないことがよかったですが、人の交流が少ない分、今後の成長もアメリカやヨーロッパに比べて望めなく、苦しい展開になると考えます。

そのようなときでも商標登録は重要です。


 U P