コロナ政策の失敗で自民党は大敗 | 弁理士の商標登録出願申請/商標権更新/意匠登録

商標登録
商標登録
trademark registration

東京都港区  
プレシャス国際特許商標事務所
Precious ip Inc

Precious ip Inc Japan World Wide
個人情報保護 守秘義務厳守

弁理士  日本弁理士会会員

コロナ政策の失敗で自民党は大敗

現時点で、コロナが増え続けています。

先週の日曜日の3月21日に、緊急事態宣言が解除されました。

3月7日に2週間の延長を決めて、東京、神奈川、千葉、埼玉は21日までに伸ばしました。

21日の時点で、今後、増えると予測されていましたが、21日で解除しました。

このタイミングで解除した主な理由は、東京オリンピックを開催するためには、21日のタイミングで解除する必要があると判断したため、21日で解除したと思います。

その他にも、ビジネスのことなどもありますが、ビジネスのことを考えるのなら、7日で解除をしてもよかったと思いますが、オリンピックを開催するため、25日からの聖火リレーが始まる前の21日に解除したと思います。

このオリンピックスケジュールから考えた解除は、1週間を経た、今、失敗であることが明らかになりました。

緊急事態宣言中の3月上旬ぐらいから、人の流れは激しくなり、東京では、電車は、コロナ前の戻り、混雑していました。

緊急事態宣言を出しても、人々は慣れてしまい、自粛をしなくなりました。

そのため、緊急事態宣言自体の効果はなくなっています。

しかしながら、春休みの前の3月21日に解除したことで、さらに、人の流れの増加を助長し、タイミングとしては最悪のタイミングで解除しました。

このタイミングの問題は、AIでは判断はできないと思います。

人間の感性、総合的な判断が必要です。

今は、コロナ前に、戻ってしまいました。

特に、子供が多く集まり、しかもマスクをしていない子供多くなっています。

繰り返しになりますが、3月21日の解除のタイミングは最悪です。

一番解除してはいけないタイミングであり、中途半端のことをしてしまいました。

3月7日で解除するか、4月まで延長するか、どちらにすべきであったと考えます。

カンがよい政治家が本当に少なくなったと思います。

さて、基本的には、今まで、自民党を支持していました。

今の菅総理は、自民党が民主党に負けて、自民党が野党となったときに、自民党神奈川県連で、自民党復活の先頭に立ち、活動していました。

その甲斐あり、次の選挙で、自民党は民主党に勝ち、政権に返り咲きました。

自民党の復活に貢献しました一人ですが、今度は、自民党が大敗するときの総理になると思います。

総理としては、あまりにも向いていない方を総理にしたことが、自民党を大敗させることになると思います。

菅さんがそうなることは、時代の流れから考えると法則であると思います。

ただし、徳川慶喜で徳川家が最後になりましたが、自民党は最後ではなく、選挙ですから、また、自民党が復活すると考えます。

9月の任期までに、いつ解散するか、難しい判断になりますが、

コロナの解除の時期の判断をまちがっているので、衆議院の解散の時期もまちがえると思います。


 U P