3月, 2021 | 商標登録/商標権更新|10年超の実績の東京港区のプレシャス国際特許商標事務所

商標登録はプレシャス
商標登録
trademark registration

東京都港区  
プレシャス国際特許商標事務所
弁理士 日本弁理士会会員

現時点で、コロナが増え続けています。

先週の日曜日の3月21日に、緊急事態宣言が解除されました。

3月7日に2週間の延長を決めて、東京、神奈川、千葉、埼玉は21日までに伸ばしました。

21日の時点で、今後、増えると予測されていましたが、21日で解除しました。

このタイミングで解除した主な理由は、東京オリンピックを開催するためには、21日のタイミングで解除する必要があると判断したため、21日で解除したと思います。

その他にも、ビジネスのことなどもありますが、ビジネスのことを考えるのなら、7日で解除をしてもよかったと思いますが、オリンピックを開催するため、25日からの聖火リレーが始まる前の21日に解除したと思います。

このオリンピックスケジュールから考えた解除は、1週間を経た、今、失敗であることが明らかになりました。

緊急事態宣言中の3月上旬ぐらいから、人の流れは激しくなり、東京では、電車は、コロナ前の戻り、混雑していました。

緊急事態宣言を出しても、人々は慣れてしまい、自粛をしなくなりました。

そのため、緊急事態宣言自体の効果はなくなっています。

しかしながら、春休みの前の3月21日に解除したことで、さらに、人の流れの増加を助長し、タイミングとしては最悪のタイミングで解除しました。

このタイミングの問題は、AIでは判断はできないと思います。

人間の感性、総合的な判断が必要です。

今は、コロナ前に、戻ってしまいました。

特に、子供が多く集まり、しかもマスクをしていない子供多くなっています。

繰り返しになりますが、3月21日の解除のタイミングは最悪です。

一番解除してはいけないタイミングであり、中途半端のことをしてしまいました。

3月7日で解除するか、4月まで延長するか、どちらにすべきであったと考えます。

カンがよい政治家が本当に少なくなったと思います。

さて、基本的には、今まで、自民党を支持していました。

今の菅総理は、自民党が民主党に負けて、自民党が野党となったときに、自民党神奈川県連で、自民党復活の先頭に立ち、活動していました。

その甲斐あり、次の選挙で、自民党は民主党に勝ち、政権に返り咲きました。

自民党の復活に貢献しました一人ですが、今度は、自民党が大敗するときの総理になると思います。

総理としては、あまりにも向いていない方を総理にしたことが、自民党を大敗させることになると思います。

菅さんがそうなることは、時代の流れから考えると法則であると思います。

ただし、徳川慶喜で徳川家が最後になりましたが、自民党は最後ではなく、選挙ですから、また、自民党が復活すると考えます。

9月の任期までに、いつ解散するか、難しい判断になりますが、

コロナの解除の時期の判断をまちがっているので、衆議院の解散の時期もまちがえると思います。

MISIAの商標登録

MISIAさんの、

MISIAの商標登録は第9類及び第41類に株式会社リズメディアによりなされています。

さて、今、「逢いたくていま」にはまっています。

遅いですが。

昔は、「Everything」でした。

「逢いたくていま」は、若くして、これが最期と覚悟して、綴った手紙を見て、書かれたと聞いています。

その手紙はそんなに昔ではなく、76年前のことです。

まだ、その頃を知る方々も生きておられます。

逢いたくて、逢いたくて、逢いたくて、たまらない人との別れ。

時代の波に呑まれて、翻弄され、引き裂かれた思い。

その情感が見事に表現されていると感じます。

未来につながる名曲です。

以下、ウィキペディア(Wikipedia)の記載です。

MISIAが、おおよその設定と原作を読んで命をテーマにした歌を書きたいと決意した際、鹿児島出身の仕事仲間から勧められた知覧特攻平和会館とホタル館富屋食堂へ翌日、日帰りで一人訪れ、知覧特攻平和会館で開館時間からほぼ丸一日、特攻に赴く前の兵士が家族や恋人に宛てた手紙の展示を読み、

「これ以上、切実に会いたいという思いが込められた手紙はない」と、命の重さ、人と人との絆を改めて実感して、曲の芯の部分が定まり制作された。

美空ひばりの商標登録

美空ひばりさんの商標登録について、

「MISORA HIBARI\美空ひばり」として、商標登録されています。

美空ひばりさんの最後のステージになった小倉での、

川の流れのように、の熱唱に感動しています。

病気で立つこともできない状態で、歌った、最後の姿に深く感じ入ります。

涙が出てきます。

川は、山の上の水たまりから、徐々に、水が流れていき、あっちこっちにぶつかり、様々な壁、苦難を乗り越え、時間をかけて、海にながれます。

自分の人生と重ねて、歌ったと思います。

人生は、川の流れのように

以下、ウィキペディア(Wikipedia)の記載です。

当初、「ハハハ」をシングルカットする意向だったスタッフに対して、ひばりは自分の人生と本楽曲を重ねて「1滴の雨が木の根を伝い、せせらぎが小川になる。

水の流れがあっちにぶつかり、こっちに突き当たりしながらだんだん大きくなる。やがて大河になり、ゆっくりと海にたどり着く」と発言し、本楽曲のシングルカットを希望。

「あちこちにぶつかり」を説明するひばりのジェスチャーもだんだん大きくなって、普段はスタッフの意見を尊重するひばりが「お願いだから、これだけは私に決めさせて!」と熱望したという。