商標登録ニュース | 商標登録/商標権更新|10年超の実績の東京港区のプレシャス国際特許商標事務所 - パート 5

商標登録はプレシャス
商標登録
trademark registration

東京都港区  
プレシャス国際特許商標事務所
弁理士 日本弁理士会会員

年越しですが、年越しの商標登録もあります!

「年越し」が、第33類の日本酒,洋酒,果実酒,中国酒,薬味酒に商標登録されています。

なお、年越しそばではなく、年越しうどんもあります。

年越し\迎春∞うどんが、第30類のうどんのめん,うどんつゆ付きうどんのめんに商標登録されています。

 

当所は個人の方が商標登録できる低価格なご料金です。

商標登録【プレシャス国際特許商標事務所全国対応!

東京港区本社、鎌倉・名古屋・九州大分に拠点

お客様の、貴重な、プレシャスな、ブランドのネーミングを、プレシャス国際特許商標事務所で、商標登録しませんか?

気さくな元国家公務員の商標弁理士による低価格で高品質な商標登録を受けることができます。

当所にご依頼をいただければ、当所で手続きを行いますので、お客様は、手間と時間がかかりません。

ウェブサイトを新しく立ち上げて、商標登録をさらに普及し、身近なものにしたいとの思いから、WEB限定・新規様キャンペーンを行っています。詳細は、ご料金のページをご覧ください。

お気軽にお問合せください。心より、お待ちしています。

当所は、若い方や高齢の方などの幅広い年齢のお客様、個人、個人商店、中小企業、社団法人、特定非営利活動法人、NPO法人、福祉法人、東証1部上場企業、国など、多数のお客様からご依頼をいただいています。

また、外国の個人、企業、公的な団体など、外国の多数のお客様の商標登録も行っています。

商標登録することで、メリットは多数あります。

例えば、【アマゾン】では、「ブランド登録のメリット」https://services.amazon.co.jp/brand-registry.htmlで、以下のように記載しています。

Amazonの「ブランド登録」は、Amazon上での自社ブランドの登録商標の保護活動をしやすくするとともに、お客様に対して信頼性と満足度の高いお買い物体験を提供することを支援します。

ブランド登録を行うことで、独自のテキストや画像による商品検索機能や、過去の知的財産権侵害の申し立てのデータに基づいた自動予測を利用できます。また、登録したブランド名に紐づく商品の出品状況を把握したり、商品詳細ページの情報を優先的に変更したりできます。

今すぐブランド登録を行って、知的財産権を侵害する商品を減らし、またAmazon上で正しく自社ブランドのイメージが表現されるように一緒に取り組みましょう。

「GOOGLE」(標準文字商標)は、商標登録第4906016号です。
また、以下の「GOOGLE」も、商標登録されています。

国際登録第881006号

商標登録第5893980号

商標登録すると、ビジネスに有利になり、信用が増します。
商標登録でビジネスの新展開!
商標登録Switch

商標登録専門【プレシャス国際特許商標事務所全国対応!

東京港区本社、鎌倉・名古屋・九州大分に拠点

 

 

 

 

商標登録出願申請、商標権の更新、住所変更等商標手続き、費用が低価格、調査無料の弁理士による商標登録出願申請を高品質で簡単な方法でするプレシャス国際特許商標事務所。多区分でも安くてお得。

気さくな元国家公務員、商標弁理士による高品質で低価格な商標登録出願申請、商標権の更新、住所変更等の手続きを、日本国内のみならず、中国・台湾・香港等の外国とともに、マドプロ・国際商標登録をも行います。

2014年度の出願はすべて登録の実績と信頼と実力の商標登録

代表弁理士が元国家公務員ですので、国に対する手続である商標登録は安心してお任せください。
高品質で低価格な商標登録で、非常に高い登録率の実績と信頼があります。
2014年度の出願申請はすべて登録、精度の高い調査や迅速かつ堅実な手続に基づく実績と信頼と実力の商標登録です。

元国家公務員、商標弁理士が低価格のご料金で堅実・迅速に行います。

お客様がご自身で商標登録出願申請を行った場合は、お時間と手間がかかります。その上、拒絶される確率は高くなっていますので、逆に費用がかかってしまう場合があります。

また、商標登録の類否などは、職人の感覚、判断が必要で、アナログ的です。総合的に判断してどうかになり、こうだからこうなるというものではございません。微妙な判断になるのです。また、商標登録の手続きによっては、複雑で専門知識がなければ対応できない場合があります。

商標登録について、お客様のお時間と手間などのコスト、専門的なものを総合的に考え、可能な限り低価格で、お客様が納得できるご料金を設定しています。

当所で商標登録をしていただいたお客様からは、プレシャス国際特許商標事務所に頼んでよかったと、言っていただいています。

お客様の貴重な、プレシャスな、商標を心をこめて登録】!

商標登録の印紙代の新料金について

商標登録の印紙代は、一部、2020年4月から値上がりします。

詳細は、以下になります。

印紙代の名称 2022年3月31日まで 2022年4月1以降 値上がり幅
商標登録出願 3,400円+(区分数×8,600円) 3,400円+(区分数×8,600円) 同じ
商標登録費用 区分数×28,200円 区分数×32,900円 4,700円高
 商標登録費用

分納額(前期・後期支払分)

区分数×16,400円

前期・後期合計32,800円

 

区分数×17,200円

前期・後期合計34,400円

800円高

 

1,600円高

更新登録費用 区分数×38,800円 区分数×43,600円 4,800円高
 更新登録費用

分納額(前期・後期支払分)

区分数×22,600円

前期・後期合計45,200円

区分数×22,800円
前期・後期合計45,600円
200円高

400円高

防護標章登録出願 6,800円+(区分数×17,200円) 6,800円+(区分数×17,200円) 同じ
防護標章登録料 区分数×28,200円 区分数×32,900円 4,700円高
防護標章登録に基づく権利の存続期間更新登録出願 6,800円+(区分数×17,200円) 6,800円+(区分数×17,200円) 同じ
防護標章更新登録料 区分数×33,400円 区分数×37,500円 4,100円高

 

東京の港区の白金は、しろかねと読みます。

天現寺付近から明治通りにかけての広尾のふる川について、歌川広重の絵があります。

この絵は、1856年に描かれたとされています。

古くは、しろかね、銀、白銀と呼ばれていました。

鎌倉時から室町時代に、武蔵野に豪族の白金長者がいました。

その白金長者が移住したことから、白金になっといわれています。

白金については、以下、ウキペディアの記載です。

一般に「しろかね」と「しろがね」が混用されて読まれる白金だが、町名の白金は正しくは「しろかね」と発音し、「しろがね」ではない。一般にはどちらの読み方もされてきたが、

  1. もともと町名の起源となった白金長者(応永年間に白金地区を開墾した柳下上総介)は、白金(しろがね=プラチナ)ではなく、大量の銀(しろかね)を保有していたために白金長者と呼ばれるようになったこと
  2. それを裏付けるように、『小田原衆所領役帳』では「白銀」と記されていること

などの歴史的事情を考慮して、1969年(昭和44年)1月1日に白金地区に住居表示が実施された際、港区が「しろかね」を正式町名として採用したという経緯がある。

白金の隣の高輪で、商標登録、意匠登録などを行っている、プレシャス国際特許商標事務所

ルーマニアのアカシア蜂蜜は有名。

 

コロナ後に、どうなるのか、興味深いです。

例えば、コロナ後に、飲食業は回復するのか、と聞きました。

女性に、200人に聞きましたが、

その回答は、回復しないが140人で、回復するが38人、わからないが12人でした。

回復しない理由として、コロナでの飲食に行かない生活に慣れてしまった、テイクアウトが発達したためコロナ後は飲食にはあまり行かなくなり、回復しないというのが主なものです。

また、コロナ後は観光業は回復するのか、と聞きました。

その回答は、回復するが120人、回復しないが72人、わからないが8人でした。

回復するとの理由として、コロナで海外旅行は行けなかったため、海外に行きたいとの潜在的なの願望が強いためなどが主なものです。

スロベニアでは、オレンジワインが有名です。
ヨーロッパにはよく行きました。
その中でも、スロベニアは経済的に豊で、品があり、明るく、自然豊かな印象を強く持ち、最も好きなところです。
また、美人が多いですよ笑

オレンジワインは、スロベニアの他にも、ジョージア、イタリアのヴェネツィア・ジューリア州でも生産されています。
オレンジワインは、白ブドウを破砕した直後、圧搾せず、数時間、果汁に果皮を浸します。その後、果皮と果汁を圧搾する方法で生産します。果汁に果皮を浸すことにより、黄色系色素が出て、オレンジに近い色調になります。
その結果、酸味が弱くなり、口あたりよく、まろやかなワインになります。そして、よい香りになります。自然で、飲みやすいです。

まるや八丁味噌(愛知県岡崎市)は、創業が延元2(1337)年です。

今でも八丁味噌を作り続けています。

八丁味噌と呼ばれ、木桶仕込み、天然醸造で2年以上時間をかけることなどその品質の高さから全国的に有名になりました。

 

 

 

ご飯は食べる人から見て、「ご飯が左」です。

ご飯が左の理由は、古来より神様にお供えしたり、お米はとても神聖なものとされました。また、年貢として納めていたり、通貨のように用いられたり、高い価値がありました。

例えば、ご飯、お寿司、おにぎり、お粥など、お米にまつわる言葉に「御」がつけられています。

日本では、左上右下(さじょううげ)という左側を上位とする伝統的な考え方があり、例えば、左大臣の方が右大臣よりも位が上です。

そのため、お茶碗を左側におくといわれています。

また、陰陽五行思想により、ご飯は陽、汁物は陰であることに基づいて配置が決められたとする説、汁椀はお茶碗よりも高さが低いため、奥にある主菜を取りやすいように汁椀を右側に置いているという説などもあります。

この茶碗と汁椀の配置は平安時代には確立していたと言われており、1200年超も変わらず受け継がれています。

江戸菓子の商標登録

秋色最中、秋色羊羹、秋色汁粉は、商標登録になっています。

元禄創業

玄米粉の団子を利用した団子を山帰来の葉で包んだ里の餅

 

赤福は、伊勢のやさしいお福わけ

御福餅は、伊勢を訪れる旅人に餡餅をお福わけしたことからはじまったとされています。

その「御福」は、伊勢市二見浦に縁があるアマノウズメノミコト(天知女命)の通称からいただいたとされています。

御福餅の形は、「二見浦の清き渚に打ち寄せる波」を手作りで表現しているとされています。