商標登録の拒絶理由通知・意見書・手続補正書

商標登録【商標弁理士の実績と信頼の商標登録】は東京港区、名古屋、九州大分のプレシャス国際特許商標事務所!元国家公務員、商標弁理士による高品質で低価格な商標登録出願申請、商標権更新登録申請、住所変更、譲渡等の手続きを日本国内のみならず中国・台湾・香港・ヨーロッパ等の外国とともにマドプロ・国際商標登録をも行っています。商標登録は安心してお任せください。

実績と信頼の商標登録はプレシャス
商標登録
trademark registration

東京都港区  
プレシャス国際特許商標事務所
弁理士 日本弁理士会会員

商標登録の拒絶理由通知・意見書・手続補正書のわかりやすい説明

商標登録の拒絶理由通知・意見書・手続補正書は、以下のときになされます。

拒絶理由通知は、出願された商標などに商標登録を認めることができない理由があるときに、拒絶理由通知がなされます。すなわち、拒絶理由通知は、審査官から送付される通知のことをいいます。

この拒絶理由通知に対して、意見書で反論したり、手続補正書を提出したりすることで審査官の判断が覆り、商標登録が認められる場合があります。
意見書は、審査結果(商標登録を認めないとの結果)に対する反論を行うための書類をいいます。

手続補正書は、願書の記載を訂正するための書類をいいます。例えば、他人の先登録商標あることを理由として、拒絶理由通知がなされているときに、願書に記載した商品・役務(サービス)を削除することで商標登録が認められる場合があります。