商標登録手続き~住所変更・譲渡など

商標登録【商標弁理士の実績と信頼の商標登録】は東京港区、名古屋、九州大分のプレシャス国際特許商標事務所!元国家公務員、商標弁理士による高品質で低価格な商標登録出願申請、商標権更新登録申請、住所変更、譲渡等の手続きを日本国内のみならず中国・台湾・香港・ヨーロッパ等の外国とともにマドプロ・国際商標登録をも行っています。商標登録は安心してお任せください。

実績と信頼の商標登録はプレシャス
商標登録
trademark registration

東京都港区  
プレシャス国際特許商標事務所
弁理士 日本弁理士会会員

商標登録手続き~商標登録出願と商標権(商標登録後)の氏名/名称・住所変更・譲渡・移転など

目次

1.住所(居所)を変更した場合

2.氏名(名称)を変更した場合
3.譲渡の場合
4.法人の合併の場合
5.会社分割の場合
6.会社分割の場合
7.その他
8.変更などの必要性
9.手続のご料金

 

商標登録出願と商標権(商標登録後)の名義・住所変更・譲渡などの手続を説明します。
商標についての名義・住所変更・譲渡など

商標についての名義・住所変更・譲渡などは、大別すると、商標登録出願中と、商標権(商標登録後)の2つに分けることができます。
氏名・名称、住所・居所に変更があった場合、譲渡する場合などは、特許庁に届出を行う必要があります。
以下、それぞれの場合の書類名と収入印紙代を整理しました。

1.住所(居所)を変更した場合

書類名収入印紙代
出願中住所(居所)変更届
商標登録後登録名義人の表示変更登録申請書1000円

2.氏名(名称)を変更した場合

書類名収入印紙代
出願中氏名(名称)変更届
商標登録後登録名義人の表示変更登録申請書1000円

3.譲渡の場合

書類名印紙代
出願中出願人名義変更届、譲渡証書4200円(特許印紙)
商標登録後商標権移転登録申請書、譲渡証書30000円(収入印紙)

4.商標権を相続した場合

商標権を相続した場合、相続による商標権移転登録申請書を提出する必要があり、収入印紙代は、3000円になります。
なお、戸籍謄本などの書類も必要です。

5.法人の合併の場合

法人の合併の場合、合併による商標権移転登録申請書を提出する必要があり、収入印紙代は、3000円になります。
なお、合併の登記がある登記事項証明書も必要です。

6.会社分割の場合

会社分割の場合は、会社分割による商標権移転登録申請書を提出する必要があり、収入印紙代は、30000円になります。

なお、会社分割の登記がある登記事項証明書及び被承継人による承継する権利を特定した証明書も必要になります。

7.その他

商標権を放棄した場合は、収入印紙代が1000円になります。

8.変更などの必要性

例えば、権利行使、契約などを行う場合に、ご自身が権利者であることを証明する必要があります。
また、ご自身の登録商標であって、ご自身が新たに出願した場合、特許庁に別人と判断されてしまい、「他人」の登録商標と類似する商標として拒絶されてしまう場合もあります。

そのため、変更などがあった場合は、お早めに手続をされる方がいいと考えます。
当所において、名義・住所変更・譲渡などの手続を行うためには、委任状等の書類が必要となります。
必要な書類については、当所で、ひな形を用意いたします。

上記の手続は、1・2ヵ月程度で、特許庁での登録が完了いたします。

当所では、低価格で、堅実、迅速に手続を行います。

9.手続のご料金

商標登録出願と商標権(商標登録後)の名義・住所変更、譲渡などの手続の代行をさせていただいています。

(1)住所(居所)を変更した場合

収入印紙代当所手数料
出願中20000円
商標登録後1000円20000円

(2)氏名(名称)を変更した場合

収入印紙代当所手数料
出願中20000円
商標登録後1000円20000円

(3)譲渡の場合

印紙代当所手数料
出願中4200円(特許印紙)50000円
商標登録後30000円(収入印紙)50000円

その他の手続など、詳細については、お問合せください。
心より、ご依頼をお待ちしています。

元国家公務員が代表、商標専門弁理士の低価格で高品質な実績と信頼の商標登録

当サイトは、米国GeoTrust(ジオトラスト)社が提供するSSL証明書を取得しています。
そのため、SSL暗号化通信で、お客様のご情報を保護しています。

個人情報保護 守秘義務は厳守します

  

プレシャス国際特許商標事務所
Precuous ip Inc

日本弁理士会会員 a regular member of JAPAN PATENT ATTORNEYS ASSOCIATION